妊娠線の原因について

妊娠線は妊娠前から太り気味の人や経産婦、
小柄で骨盤の小さな人にできやすいです。

 

また、双子以上を妊娠すると、
その分お腹が大きくなるので妊娠線が出やすくなります。

 

妊娠線ができる原因は、皮膚の弾力性以上にお腹が大きくなってしまうためです。

 

 

妊娠によって急にお腹が大きくなるため、皮膚が足りず、
皮膚が伸びきるだけ伸びきると限界が来てぴしっと裂けてしまうのです。

 

妊婦さんの中には乳房にできる人もいます。

 

 

妊娠線は出産後も徐々に薄くはなりますが、
完全には消えないことが多いので、
妊娠線ができないように予防することが大切です。

 

 

妊娠線予防に必要なことって?

妊娠線の予防には専用のクリームを使うのがよいです。

 

これはベビー用品店などで売られています。

 

妊娠線はできてからでは遅いので、
心配な方はお腹が大きくなる前から使い始めます。

 

 

妊娠線のできる時期は早い人だと妊娠4か月頃から、
一般的には6ヶ月頃、つわりが終わりお腹が急激に
大きくなる時期にできるので、それまでに準備しておくとよいです。

 

 

塗るときはマッサージをするように優しく塗ります。

 

こうすると肌によくなじみ、
またリラックス効果もあります。

 

クリームは自分の好きな香りがついているものだと
毎日つけるのが楽しくなります。

 

最近ではオイルタイプの商品もあり、
自分の好みの香りや使い心地の商品を選びやすくなっています。

 

専用のクリームが手に入らない場合は普通の保湿クリームやボディクリームで十分です。

 

ローションタイプよりもクリームタイプや
ジェルタイプの方がお腹には塗りやすいです。

 

ただ、固いテクスチャーのものは使いにくいです。
お腹は面積が広いので。

 

また、アレルギーのある方は使う前にパッチテストを行ってください。

 

また、妊娠線の予防には栄養のある食事も大切です。

 

栄養不足だと皮膚に栄養がいきわたらず、
弾力性のない皮膚や乾燥肌になってしまいます。

 

そんな皮膚だと妊娠線もできやすいです。
しっかり栄養をとって健康な皮膚を作ることが妊娠線の予防には重要です。

 

 

>>ノコアは楽天が安い?購入TOPへ戻る